土地の準備はお済みですか?

これから家を購入されようとしている方は、まず土地がある人と無い人の2つに分かれます。
無い人はまず土地を買って注文住宅を建てるか、面倒なので、間違いのない建て売りを購入
するというのに、さらに分かれます。
土地を購入してお金を払い、土地は間違いなく自分の物になっても、場所によっては家を建
てられなかったり、広さや高さに制限があったりすることがあります。また建て替えにおい
ても、改めて土地の法規則を調べることが必要です

たとえば、下水がきていなかったり、電気
の引き込みの為に電柱を新たに建てなけれ
ばならないほどの費用がかかったりと、設
備の面で最初からお金のいることがあります
土地があっても“家が建たない”ということ
さらに、お金で済めば良いのですが道路と敷地の関係で家が建たな
いということもあるの
です。

    まず、家が建てられる土地というのは、中心線から2m・2mで4m、消防車が通れる道幅と
    なっていますが、それだけの幅があった場合でも、その元々の道が道路とみなされるかどうか
    が問題です。人が通っているから、形状が道路だから、道路であるというのではありません。
    ですから土地の購入の際には、設計士さんに見てもらってから購入するか、香川県の宅建協会
    に入っているようなところで購入すると、まず間違いはありません。

    安い家には何かがあると言われるように、法外に安い土地というのは何かがあります。「お買
    い得」とか「掘り出し物」とか
不動産にそういうのはあり得ない!という考えでいたほうがい
    いでしょう。
    「長年住んでいる土地だから大丈夫!」ということで改めて調べないことも多いのですが、知
    らない間に法律が変わって昔より厳しくなっているという事もありますから、注意が必要です。

    建築基準法、消防法、各自治体の建築条例など、改めて法規制を調べ直しましょう。

    尚、その他資金計画など、詳しいことについてお知りになりたい方は、お気軽に弊社にお訪ね
    下さい、


プランニングのポイントは将来展望!

  「マイホームを建てたいな。」 と、ふと思った時から、あなたの家造りは始まっています。マ
    イホームは大きな買い物ですから、納得のいくものを造りりたいと考えていることと思います。
    そのためにはできるだけ広範囲からたくさんの情報を集め、念入りな準備を行うことが成功の
    第1歩です。

    まず最初の段階では予算などの制約条件にあまりとらわれず、家に対する願望や希望をたく
    さん思い描いて下さい。そして自分達がどんな家に住みたいかをイメージしましょう。そして
    イメージを具体化するためには、先入観を捨てて、じっくりとたくさんの家を見たり、話を聞
    いたりすることが大切です。

     家づくりには、資金計画や法律、税金のこと、デザインや間取り、設備のことなど、考える
    ことがたくさんあります。その中でも、最初に考えたいのが、「この家にいつまで誰が住むの
    か」という将来展望です。

    家を建てる時、一番陥りやすい失敗は「今の自分の好みを考えてしまう」ということです。た
    とえばその家に30年住むとしましょう。その間に、おそらくたいていの家族が迎える変化が
    2つあります。

          1.   子供が産まれ、成長して部屋が必要になる。

       2.   あなた自身が年をとり、生活のスタイルが変わってくる。

    年をとっても住みやすいかどうか、家族のコミュニケーションをプライベート中心にするのか、
    ふれ合いのスペースを大切にするのか、そんなことを考えると、間取りなどの計画も変わって
    きます。さらに将来、子供夫婦との同居なども考えると、家自体の造りも変わってきます。こ
    ういう将来の家族スタイルの変化を事前に想定しておくと、増改築や建て替えといった大きな
    出費を防ぐことができるのです。

      プランニングは、家を建てる場合の重要ポイントです。しっかり考えておかないと、後悔す
    ることになります。長期的な展望を持って、基本的な生活のプランニングを家造りに取り入れ
    ることが大切です。

   30年住むなら15年後のことを考え、50年住むなら25年後のことを考えてみて下さい。
    その時、あなたの家族はどういう構成になっていますか?
                                       


見積もった費用をオ−バ−しないように!


    「出来上がった家が、自分の思っていたのと違う。もしくは契約したときより費用が増加して
    いる。」、ということが無いようにするには、自分が主体となって打ち合わせを行い、意志の
    疎通を上手に行うべきです

 

    通常、私共が設計するときは、お客様と事細かく打ち合わせをし、いろんな事を全部決め手か
    ら細部にわたって図面を描きます。そうすると、
20枚から40枚の図面が出来上がります。
     この場合、細部にわたっての金額が出ますので、ほとんどそれからの費用の追加増減は無い
    という形になります。屋根の色、外壁の色、塗装の色、カウンターの色、色彩からソフトな感
    覚に至るまですべてお客様と2人3客で打ち合わせをしていきます。そのあと、安ければいい
    という基準ではなくて、適正な金額で信用のおける業者から、住宅資材、設備機器を供給し、
    出来るだけお客様のご要望に応えられるようにと、努力をしております。

   図面が出来上がり、予算が出て、それから後にプラス費用が出るときは、設備のランクアップ
    が大きな予算アップの要因です。それを防ぐためには、自分の中にある「これくらいはいいか
    な…」という感覚で変更するのではなく、ノートなどに詳しく変更箇所と金額を書いていき“
    自分の中の予算限界線を越えない”という考えを持つことが大切です。

         
           お問い合わせは Tel 0879-62-0159 か  へ